唐津神社考
唐津神社社報1号
唐津神社由緒
御祭神


一ノ宮 住吉三神

底筒男命(ソコツツオノミコト)、中筒男命(ナカツツオノミコト)、表筒男命(ウワツツオノミコト)

二ノ官 神田宗次(コウダ ムネツグ)、相殿 水波能女神(ミズハノメノカミ)

 神功皇后三韓を征し給ふや、西海茫々として一望際なく舟師向ふ所を知るに由なし。時に皇后「願くば一条の舟路を示せ」と住吉の三神に祈り給へば間もなく風波治まり、凱旋の後神徳著しきを感じ松浦の海浜に鏡を捧げて三神を祀り給ふ。然るに其後数百年を径て漸く衰頽し社殿自ら廃滅に頻せんとする時恰も孝謙天皇の御宇地頭神由宗次一夕神夢を得て海浜に至れば、一筐の波に浮び来るあり。之を採りて開けば一宝鏡なり。これ正しく皇后の祀り給ひし宝鏡ならんと驚き敬ひて時の帝に奏聞す。朝廷神徳を感じ詔命を下して「唐津大明神」と賜ふ。時に天平勝宝七年九月二十九日なり。爾来郷党の崇敬加はり文治二年神田広に至り社殿を再建し、祖先神田五郎宗次の功を追慕し其の霊を合祀して二の宮とす。文安六年領主波多三河守親田地を寄進して尊崇す。
 慶長七年寺沢志摩守広高唐津築城に際し現在地に社地を設定し、社殿を改築し領内守護神として崇敬せり。且つ城下の火災鎮護として水波能女神を相殿に勧請す。その後大久保、松平、土井、水野、小笠原の各藩主も祈願所と定め、広く領内の総社として益々崇敬せり。
 明治六年郷社に列し唐津神社と改称す。其の後境内拡張、社殿の総改築成り昭和十七年県社に昇格す。
 戦後杜他社殿旧に変ることなく四時祭礼も怠ることなく、杜頭愈殷賑なり。


ここで各種文献を見てみよう。
松浦拾風土記より
唐津大明神
 松浦古事記参照


前略 宗次公直筆の文あり、紙の性朽ちて切れ切れに成りし故、文詞の続き定かならず。其外古き證書数多ありけれども、寺澤兵庫頭殿の家中の者、拝見して其儘に返さず紛失せり。

〇    〇    〇
一  波多氏親の寄進状有り、其文に曰く
     奉寄進田地之事
一  唐津大明神之御所在肥前上松浦の西郷、庄崎之川向八丈田之下、田地三丈之事、四至堺書之作也。
 右件の田地は親当知行無相違所也。然るに尊天長地久・当村安穏・家内長久・子孫繁昌・息災延命.為御油燈奉寄進処也、仍寄進状如件。
 文安六年己巳正月十一曰

            源 親 判
 唐津大明神官
   文安六年は寶徳元年也、後花園院御宇、武将は従一位右大臣東山義政公の時なり。

        〇    〇    〇

一 天文十二癸卯十一月吉日、田地寄進状
                          隈本右衛門督 判
  高松寺快幸代也。高松寺は勸松院の寺号也、後奈良(平城)院御宇、武将は権大納言の時也。

        〇    〇    〇

一 永禄十一己辰九月二十六日

   日高甲斐守喜 判
 右棟札当社務畑津右衛門太夫
   正親町院御宇、武将義栄征夷大将軍に在ること二ケ月、同年五月に薨ず、依之假御殿建てし儘にし義昭の代に営みあり。

        〇    〇    〇
一 神田能登守寄進状 其文に曰
奉寄進 唐津大明神
 一刀 二尺三寸 備前  一馬 一疋 鹿毛  一 鏡 一面
 右息五郎当病平癒の所也。
天正十年壬午五月三日

 宮司坊 快辰楷
   正親町院御宇、武将織田信長の代
 神田能登守高 判

        〇     〇     〇

一 慶長十五年庚戌八月吉日

右棟札      寺澤志摩守豊臣廣忠
         惣奉行 並河長兵衛尉
         小奉行 加茂 勝助
当宮司頼雅

        〇     〇     〇

一 本地観世音堂の前に掛けたる墨跡は、文禄の頃鍋島信濃守殿に在りし、雲海と云ふ朝鮮人の筆なり。
  慈 悲 靄 々 盈 天 地
  廟 像 *(クサカンムリニ魏)々 冠 古 今

        〇     〇     〇


一 鏡の銘

肥之前州松浦郡、当社大明神、神田五郎宗次以夢想、往来于海邊。一日有一筒寶筐而浮海上、光明照曜、遍満十方。宗次半驚怪之、半尊崇之。忝問。孝謙天皇下詔命、號唐津大明神、于時天平勝寶七年九月二十九日也。
故老所傳、一宮観世音化現、二宮慈氏尊降下也。爾来歴八百五十一星霜、霊験不減昔日、異哉、今也寺澤志州太守廣忠朝臣、令工鋳鐘、祭神妙、在感歎之余賑、烏明神始終祝太守遠大云々太守為尊神徳周。華鯨新鋳祝千秋、鐘聲亦與名聲大、遠近傾頭九々州。
 慶長十年龍集乙巳二月 曰
 前南禅承~誌
当宮司覚信房


      〇     〇     〇

一 唐津宮縁記
夫以大極分而陰陽立、阡陌交而生於五行矣。清而軽者昇成天、陽而重者降成地。天地分而生於萬物、顯其中間。
人者萬物霊而與天地同骸也。気者元大極而與天地人一貫也。故天地之間、莫不充。借気則神而正者之理也。故以正理意願則無不通叶也。于此、当社唐津大明神者、往古神功皇后、泰平於三韓之時、西海蒼々、船路無限、当干時后宮向天而為給合掌也。我朝神国之域而正直之元也。故妙哉、奇哉、海上忽然波静而眼前在光輝。於此皇后傳之、自然得船路、平治於三韓也、仍給號唐津大明神、云々
 






次に東松浦郡史の記載をまとめた年表を作ってみました

西暦 祭神
364?

日本書紀によれば、仲哀天皇八年、9月5日、神功皇后三韓征伐の神託がくだりました。

神功皇后三韓征伐
755 天平勝寶7年
9月26日
夜夢中に白衣の老僧来り枕上に現はれ、三ケ日を待て北方の海邊に出て見るべし、必ず不思議あるべしと宣ふと見て、夢は覚にける。また翌夜も同じことなるにより、奇異の思ひをなし其日を待ち得て、供の用意をなさしめ、海邊に出で遙に沖を眺められしに、奇なるかな一ツの筐物照り輝きて波濤に浮めり、間もなく渚に漂着しければ、潮をむすぴて嗽ぎ、、直に其の寶筐を携て帰宅す。

755 天平勝寶7年
9月29日
詔命を下して號を唐津大明神と賜ふ

又別記に曰く、唐津大明神は孝徳天皇の御字、當国の住人神田五郎宗次上京して、中将と曰ふ人宗次に懇意となり、唐津の勝地なること委敷語れば、あはれ願はしきところなり、一生の中必ず行きて住居せんと深く契りけれども、公事如何とも為しかたく、末期に及んで我誓って唐津に行かんと、死後棺に納めて其の上に官位姓名年號月日を記し海に入れよと、終焉の日遺言の如く難波の海に浮べたるに、難なく天平勝寶七歳九月二十九日唐津の海濱に流れ者きけり、宗次夢想の生を得て、右棺の入りたる箱を海士人の手に得たり、宗次尊崇し其の趣を具に都に奏上しければ、帝詔を下し唐津大明神の號を賜ふ。以来元和元年(1615)に至て九百余年を経たり、九月二十九日の祭禮怠ることなしと。
1186 文治2年
神田廣に至り、益々尊崇して社殿を再建し、且つ祖先宗次の功労を思ふて其霊を合祀すと。

神田宗次を二の宮として祀った。

其の後五郎宗次帝都に到り、蔵人豊胤の館に行き、不思議なる夢物語りありけるに、三位豊胤も過ぎにし頃に観世音の現夢の物語りあり、符節を合せたる如き霊夢なれば、終に天聴に達せられしに、時の帝孝謙天皇詔命を下し、唐津大明神と神號を給ひぬ。神徳廣大にして舊例の祭祀惰りなく、諸事の式禮等また同じ、其の後遙かに時を経て、松浦黨の内、始祖源太夫判官より八代に當りて、鴨池源三郎の男神田五郎廣と曰ふ人あり、往古の五郎宗次の跡を尋ねて、其の名を請ひ継ぎ尊崇して、後鳥羽院の御字文治二甲辰ノ年、三位豊胤五郎宗次の二霊神を、唐津大明神の相殿に勸請し奉りね、この二神則ち唐津大明神八座の中にておはします、今唐津城中にあり。



松浦記集成
一宮
  磐士命
  赤土命
  底土命
  大直日神
  大綾日神
  海原神
二宮
  八十任日神
  神直日神
  大直日神
  底津少童神
  底筒男神
  中津少童神
  中筒男神
  表津少童神
  表筒男神
相殿
水ノ神罔象女ノ神(ミヅノカミミヅハメノカミ)


同大明神別録縁起
相殿
三位豊胤五郎宗次の二霊神を、唐津大明神の相殿に勸請し奉りね、この二神則ち唐津大明神八座の中にておはします、

松浦昔鑑
物川蔵人、神田五郎広之両人之霊を祝ふ社也
1606 慶長11年 同社鐘銘に曰く。
 肥之前州松浦郡當社大明神者、神田五郎宗次以夢想、往来于海邊、一日有一箇寶筐浮海上、光明照輝遍満十方、宗次半驚愕之、半尊崇之、〇〇孝謙天皇即下詔命號唐津大明神、于時天平勝寶七歳九月二十九日也、故老所傳、一宮観世音化現、二宮茲氏尊降下也、爾来歴八百五十一星霜、霊験不減昔日異哉、今也寺澤志摩大守廣忠朝臣、命工鋳洪鐘、祭神〇〇〇〇大守為尊神徳周華鯨新鋳、祝千秋、鐘聲亦興名聲大遠近傾、願九々列。
一宮観世音化現、二宮茲氏尊降下也
1610 慶長15年 慶長年中寺澤氏唐津城建築成りて、後十五年改めて當社を再興し、
現在

一の宮
 表筒男命
 中筒男命
 底筒男命
  の住吉三神

二の宮
 神田五郎宗次
1873 明治6年 郷社に列せられ唐津神社と改称せり。
inserted by FC2 system